陶器製の鍋や調理器具を使用する利点とは

陶器の歴史は少なくとも紀元前 24,000 まで遡ります。これまで古代人が粘土で作ったとされる人工遺物の破片がさまざまな場所で発見されてきました。機能的な粘土製の壺が使用されるようになったのは紀元前 9,000 年頃だと言われています。この長い歴史が、今現在も私たち人類が陶器を使い続けている理由を語っていると言っても過言ではありません。陶器は割れてしまわない限り、何世代にもわたって使い続けることができます。

それではなぜ陶器はここまで私たちの文化に浸透し続けることができたのでしょうか?今回私たちはその理由について考察してみました。

  1. 陶器製の鍋や調理器具は私たちが歴史の 1 ページを刻んでいるいうことを思い出させてくれます。

先ほどもお話ししたとおり、陶芸には深くて長い歴史があります。そのすばらしい歴史に敬意を払い、日常生活で昔と変わらない素材やデザインの器を使い続けることにより、美しい文化を保護することにつながります。

  1. 陶器製の調理器具はその他の調理器具よりも均一に加熱し、水分を循環させることができます。

電気鍋は古代のように火を使わず調理します。電気鍋の熱源を搭載した本体の内側の容器は釉を施した土鍋に他なりません。土鍋は究極のスロークッカーであると言われています。

土鍋でじっくり調理すると、他の最新調理器具では真似できない素晴らしいお料理が完成します。インスタント・ポットやニンジャ・フーディーなどといった人気商品も土鍋にはかないません。

  1. 陶器製の調理器具はキッチンでも食卓でも使うことができます

多くの陶器製の調理器具や食器などは陶芸家によって手作りされており、アートイベントなどでしばしば販売されています。さまざまな美しい陶器を使ってゲストにお食事をふるまうことほど楽しい時間はありません。大量生産された陶器でも華やかなデザインのものが数多く存在します。オーブンやカウンターで直火で使用したあと、そのまま食卓に並べることができるのも嬉しいポイントです。

  1. 多くの陶器製の鍋や調理器具は天然素材から作られています

陶芸用の粘土には人工的に合成された成分は一切含まれていません。すべての成分は地球に由来しています。ただし、粘土には身体を害する有毒な物質が全く含まれていないというわけではありません。陶器を使用の際にはいくつか注意するべき点があります。まず、素焼きの陶器と釉薬がかけられた陶器の違いについて認識する必要があります。それぞれ若干異なる特性があるため、調理の際は注意が必要です。

  1. 陶器は「スマート」な調理器具ではありません

土鍋や陶器製の鍋で料理をする際に、スマートフォンやスマートプラグ、Alexa などは必要ありません。スマホをオフにして好きなだけ料理に没頭することができます。土鍋を使うと、まるで天然のセンサーが備え付けられているかのように、どんなお料理でも美味しく作ることができます。

  1. 陶器製の調理器具はお料理の味や食感を豊かにします。

陶芸用の粘土は多孔質であるため、調理中に熱や水分が鍋の中を循環します。この現象は金属製やエナメルでコーティングされた鍋には見られません。多くの土鍋料理の愛好家たちは、土鍋を使うことにより「素朴」な味わいがお料理にプラスされると絶賛しています。

  1. 陶器製の鍋は体に良い調理器具として知られています。

素焼きの陶器には健康維持に欠かせないカルシウムやマグネシウム、鉄、リン、硫黄などのミネラルが含まれています。陶器の鍋を使えば、お料理の水分や油分を逃がさず調理することも可能です。一般的に陶芸用の粘土は食品の風味を一層引き出すと言われています。